ALL ABOUT UZAWA 2019

Description

社会的共通資本とは、豊かな社会の基盤になるものとされています。
宇沢弘文の求めた「豊かさ」とは、「たいせつなものをまもる」とは何か、
人間宇沢としてどう見ていたのか、次に経済学者としてどう見ていたのか、
最終的にはどんな未来を描いていたのかについて若手ゲストのみなさんと掘り下げていきます。

◉プログラム 1
11~12時半「 豊かさとはなにか 」
宇沢の求めた“豊かさ”と“心”について、岩佐文夫さんのファシリテートで伺っていきます。
本当に大切なものはなにか、みなさんと一緒に考えます。
【登壇者】
森田真生〔独立研究者〕
ドミニク・チェン〔情報学研究者・博士(学際情報学)・早稲田大学准教授〕
岩佐文夫〔編集者〕

◉プログラム2
13時半~15時「 宇沢が考えた経済学とはなにか 」
宇沢の思想を経済学の観点から探っていきます。
最後の弟子で『宇沢弘文の数学』を上梓した小島寛之さん、
『資本主義と闘った男』の著者である佐々木実さん、
この思想を若手に分かりやすくつないでいく、安田洋祐さんにしていただきます。
【登壇者】
佐々木実〔ジャーナリスト〕
小島寛之〔帝京大学経済学部教授〕
安田洋祐〔大阪大学大学院・経済学研究科准教授〕

◉プログラム3
15時10分~16時30分「 社会共通資本と実践事例 」
社会的共通資本を管理運営していく最小ユニットであるコモンズ。
その意味を探り、未来につなげる具体的な方法について実践者の方々から事例を紹介していただきます。
【登壇者】
山崎 亮〔studio-L代表・博士(工学)・社会福祉士〕
功能聡子〔ARUN合同会社代表・認定NPO法人ARUN・Seed代表理事〕
西村勇哉〔NPO法人ミラツク代表理事・大阪大学社会ソリューション・イニシアティブ特任准教授〕

◉プログラム4
16時40分~18時10分「 社会的共通資本と人間宇沢が描いた未来 」
家族が見た宇沢弘文とその人間らしい一面を紹介しながら、
宇沢が描いた未来について深めていきます。
また今後の宇沢国際学館のあり方についても紹介します。
【登壇者】
池上彰〔ジャーナリスト・名城大学教授・東京工業大学特命教授〕
占部まり〔内科医・宇沢国際学館代表〕

★お申し込み後の返金・キャンセルは致しかねますので、ご注意ください。

※Peatixの譲渡機能にて、ご対応をお願い致します。
https://help.peatix.com/customer/ja/portal/topics/1050071-チケットのキャンセル・変更・譲渡について/articles

★WEB配信は午後からを予定しています。午前中は視聴できません。ご了承ください。


Updates
  • イベント詳細情報を更新しました。 Diff#479574 2019-10-03 23:20:28
More updates
Sat Oct 26, 2019
10:30 AM - 7:00 PM JST
Add to Calendar
Venue
千代田区立日比谷図書文化館 日比谷コンベンションホール(大ホール)
Tickets
当日入場チケット ¥5,400
WEB視聴チケット ¥2,000

Combini / ATM payment will be closed at the end of Oct 25, 2019.

Venue Address
東京都千代田区日比谷公園1-4 Japan
Organizer
宇沢国際学館
106 Followers